歴史イベント・メディア情報

佐竹北家日記にみる天文現象展

2018年11月10日~2019年03月29日

 

この展覧会では、延宝2(1674)年から明治27(1894)年まで佐竹北家角館当主により220年間書き続けられてきた「佐竹北家日記」の中から、日食・月食・ほうき星の出現の記録にスポットを当てます。古文書にふれるのがはじめての方にも楽しんでいただけるよう、パネルを中心とした展覧会です。
 また、参考資料として大正9(1920)年に角館町白岩地区で発見された「白岩隕石」を展示します。日本で隕石と確認されているうちのひとつで、貴重な資料です。展示と併せてぜひご覧ください。

※『佐竹北家日記』は現在秋田県公文書館に所蔵されています。
本企画展では原本の展示はありません。

日程:平成30年11月10日(土)~平成31年3月29日(金)

会場:新潮社記念文学館(仙北市イベント交流館)
〒014-0311 仙北市角館町田町上丁23

開館時間:【11月まで】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【12月~3月】9:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日:月曜日 (祝日は開館)、年末
※11月23日(金)は、施設停電のため休館です。

観覧料:一般(高校生以上)300円、 小中学生150円
※仙北市民は無料。窓口でお声掛けください。

お問い合わせ:新潮社記念文学館(仙北市イベント交流館)仙北市総合情報センター内
電話:0187-43-3333

 

投稿者:沼田乃豆腐屋

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。