歴史イベント・メディア情報

連続講座「近江の城郭」信長の城と戦国近江 第2回大溝城跡

2018年12月09日13時30分

 

天正6年(1578)、織田信長は甥の織田信澄を湖西高島郡に配置し、大溝城を築かせました。大溝城は、中世以来の湊である勝野津に近く、南に乙女が池という内湖が広がる、湖岸沿いに築かれた水城です。瓦葺の天守を持ち、城下に湊を取り込んだ構造は、織田政権によって近江に築かれた坂本城や長浜城、安土城と共通する特徴です。これら4つの城は、琵琶湖周辺の要地にほぼ等間隔に築かれたことから、信長が琵琶湖を支配することを目的として築いたものと考えられ、このような城の配置を琵琶湖城郭ネットワークと呼んでいます。
今回の講座では、大溝城跡と城下町跡を文化財専門職員の案内で見学します。また、あわせて、大溝城跡発掘調査の最新情報をご紹介します。

1.日時:平成30年12月9日(日曜日)13時30分~16時15分
JR湖西線近江高島駅東口広場(ガリバー像の前)集合・解散

2.場所
現地探訪:大溝城跡・大溝城下町跡(高島市勝野)
講義:高島市公民館(高島市勝野670)

3.講師
講義「琵琶湖城郭ネットワーク」:仲川靖(滋賀県教育委員会文化財保護課)
現地探訪:白井忠雄氏(高島市歴史民俗資料館学芸員)

4.定員:85名(事前申込制・先着順)参加費無料

5.参加申込方法
FAX・電話・メールに住所・氏名(ふりがな)・連絡先(携帯電話推奨)を書いて下記まで申し込み。
申込締切:平成30年12月6日(木曜日)午後5時

6.持ち物:健康保険証(コピー可)、雨具、水筒、タオル、歩きやすい服装・靴

7.その他
講座資料(A48頁程度)を無料で配布します。
単独回のみの参加も可能です。
受講された方には修了証を発行します。
当日の気象条件等の変化により、コース・終了時間等を変更する場合があります。
悪天候等による中止の場合は7日(金曜日)午後5時までに参加者に連絡します。

8.参加申込・問い合わせ
滋賀県教育委員会事務局文化財保護課城郭調査係
〒521-1311滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678城郭調査事務所
TEL0748-46-6144/FAX0748-46-6145/E-mail:ma16@pref.shiga.lg.jp

 

投稿者:昌幸飛騨守野面積み♡

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。