歴史イベント・メディア情報

にっぽん!歴史鑑定「徳川慶喜はなぜ大政奉還をしたのか」

2018年10月27日13時00分

 

慶応3年10月15日。およそ260年続いた江戸幕府が終わった。
世に言う「大政奉還」である。

それを行ったのが、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜。
就任からわずか10か月で、自ら政権を朝廷に返上した。

その一方で、武力によって幕府を滅ぼそうとしていたのが、薩摩藩の西郷隆盛だった。

元々薩摩藩は幕府側についていたが、なぜか次第に幕府と対立していく。
その原因は慶喜の性格にあった?

武力倒幕にこだわっていた西郷。
実は、江戸・京都・大坂3カ所での挙兵を計画していた!?
西郷は、何故そのような計画を企てたのか?
その真相とは一体!?

自ら江戸幕府を終わらせた慶喜。
なぜ、彼は自分で幕府の幕引きをしたのか。
その裏には慶喜の本当の思惑があった。

西郷と慶喜。2人の行動が幕末の歴史をどのように動かしたのか?
その真相に迫る!

 

投稿者:山中 雅楽頭 バンビの助

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。