歴史イベント・メディア情報

佐竹家臣団シリーズ第一弾 小野崎一族と薩都神社

2018年10月14日13時30分

 

藤原秀郷の流れをくむ武士団で、佐竹氏より早く茨城県北部に居住した小野崎氏。佐竹伊達の抗争のさなか、内応を示す文書が近年発見された額田小野崎氏、宗家として存続した山尾小野崎氏、石神小野崎氏、など家臣として佐竹氏を支えてきました。
また、小野崎氏が氏神として信仰し、佐竹氏も尊崇した薩都神社は、創建が古く常陸風土記の時代にも遡ります。
今回の展示は、小野崎城、山尾城、石神城、額田城などの紹介や合戦のパネル、出土遺物の展示。
薩都神社に伝わる御神宝や御神刀、神社に関わる書物などを展示します。

展示期間:10月2日(火)〜11月18日(日)
会場:郷土資料館梅津会館(常陸太田市西二町2186)
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
お問い合わせ:郷土資料館梅津会館
Tel 0294-72-3201

講演会
「佐竹家臣団小野崎一族と薩都神社」
日時:10月14日(日)午後1時30分〜(開場午後1時)
場所:郷土資料館梅津会館2階会議室(定員80名)
※事前申し込み不要
講師:
冨山章一(常陸佐竹研究会会長)
小田倉孝則(常陸佐竹研究会副会長)
根本光男(常陸佐竹研究会理事)

日本刀の手入れの様子公開
日時:10月21日(日)午後2時から約15分間
会場:郷土資料館梅津会館一階企画展示室内
※事前申し込みは不要ですが、会場の都合により、入場制限がかかる場合もあります。

 

投稿者:もっちん上総介

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。