歴史イベント・メディア情報

災害に対処するための近世城郭の記録化ー3Dと災害の考古学ー

2018年10月27日13時00分

 

参加料無料・事前申込不要

10 月27 日( 土) 13:00 ~ 17:00(受付開始12:00 ~)
趣旨説明:文化財の保存・保護のための記録 
     飯沼賢司氏(文学部史学・文化財学科教授)
記念講演:「アジアへ出かけて人材養成ーR. マグサイサイ賞に輝くー」
     石澤良昭氏(上智大学アジア文化財研究所)
講 演1:「城郭石垣の構造的特徴と整備」
     宮武正登氏(佐賀大学全学教育機構教授・地域歴史学文化研究センター長)
講 演2:「近世城郭の普請と修復」
     白峰 旬氏(別府大学文学部史学・文化財学科教授)

10 月28 日( 日) 9:00 ~ 16:30(受付開始 8:20 ~)
事例発表1:「文化財の3D 計測の方法と理論」 田原隼人氏(㈱明大工業)
事例発表2:「熊本城の3D 測量調査の研究成果」 玉川剛司氏(文化財研究所)
事例発表3:「熊本城の災害復旧と課題」 嘉村哲也氏(熊本市熊本城調査研究センター)
事例発表4:「石垣の記録とその方法」 田中健一郎氏(㈱とっぺん)
事例発表5:「島原城の石垣調査」 宇土靖之氏(島原市教育委員会)
事例発表6:「佐伯城石垣の現状と調査」 福田 聡氏(佐伯市教育委員会)
事例発表7:「永山城の被災状況と復旧事業の課題」 若杉竜太氏(日田市教育委員会)
事例発表8:「岡城の石垣の被災状況と石垣調査」 佐伯 治氏(竹田市教育委員会)
シンポジウム「近世城郭の記録―3D と災害の考古学-」
 コーディネーター/飯沼賢司氏、田中裕介氏
 パネラー/各発表者

問合先
別府大学文化財研究所
℡0977-27-6116

別府大学110周年記念事業の一環として、熊本城の石垣調査の成果を基軸に、シンポジウムを開催するそうです。内容は、石垣の3D計測の展望と課題、各県の近世城郭での記録等の取組、文献から見た石垣の修復、現在の石垣の修復等、多角的な方向で「災害に対処するための近世城郭の記録化」について考えていくための市民参加型のシンポジウムとのこと。

 

投稿者:源摂津守@ひと休み

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。