歴史イベント・メディア情報

「肥前名護屋 ー幻の巨大都市ー」

2018年09月28日09時00分

 

特別企画展「肥前名護屋 ー幻の巨大都市ー」

2018年9月28日金曜~ 2018年11月11日日曜

概要
 肥前名護屋は、玄界灘に面した佐賀県北部の東松浦半島北端に位置し、豊臣秀吉による大陸への侵攻(文禄・慶長の役)に際して、国内における軍事拠点として大きな役割を担った地域です。
 このために肥前名護屋には、秀吉の居城である名護屋城が築かれ、周辺の山々には日本各地から参陣した多くの大名たちの陣屋が築かれました。また京・大坂・堺等から商人が集い、城下町も大きく発展し、政治・経済・文化の中心となった人口20万人とも推定される国内最大級の巨大都市が突如としてその姿を現しました。
 しかしながら、秀吉の死により戦争は終息へ向かい、約7年間で肥前名護屋はその役割を終え、忽然と歴史の表舞台から姿を消しました。短期間で消長した肥前名護屋は、桃山時代の標識遺跡としての歴史的価値は高く、現在までに名護屋城跡と23箇所の大名陣屋跡が特別史跡「名護屋城跡並びに陣跡」として指定されています。
 開館25周年を記念して開催する本展覧会では、肥前名護屋に参陣した大名ゆかりの品とともに我が国の歴史上類を見ない軍事都市が形成された肥前名護屋の姿に迫ります。また、今回は文禄期に描かれた「世界図・日本図屏風」や肥前名護屋で前田利家が愛用したと伝わる「算盤」、明国使節団に対する対応について秀吉に一任するということで武将たちに署名をさせた「諸大名等連署誓紙」などの貴重な資料も御紹介します。ぜひこの機会に御来場ください。

会期 2018年9月28日(金曜日)~11月11日(日曜日)
休館日 会期中無休
会場 佐賀県立 名護屋城博物館(企画展示室)
観覧料
特別企画展会場(企画展示室)のみ有料
一般 300円(団体250円)
大学生・専門学校生 200円(団体150円)

 

投稿者:副将軍 慶誾尼☆姉蝦夷平定

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore