歴史イベント・メディア情報

尾上松也 蔵出し! とことん歴史紀行

2018年05月14日18時59分

 

[放送日時]
5/14(月)18:59~20:53

[テーマ]
伊達政宗&前田利家

[概要]
戦乱を生き抜いた武将、伊達政宗と前田利家の知略に迫る。

[番組詳細]
一人目は、戦国時代天下取りの野望をたぎらせた独眼竜・伊達政宗。
彼は生まれてくるのが30年遅かったと言われている。
若干23歳で東北の覇者となった時、既に天下は豊臣の手中に収まらんとしていた。
さらに徳川が江戸幕府を開くと、時代は泰平の世へと変わる。
政宗が仙台の地に城を構えたのは、丁度この頃。
平和な世の中にはおよそ相応しくない実戦向きの山城、堅固な城下町、そして遠くローマに派遣した使節団。
政宗は野望を最期まで捨てず、虎視眈々と天下を狙い続けていた。
美しい仙台の町で政宗が抱いた、大いなる野望を追う。

二人目は、江戸時代に百万石を誇った加賀藩の礎を築いた藩祖、前田利家。
若き日は織田信長のもとで戦に明け暮れ、のちに天下人となる豊臣秀吉から最も信頼された武将として知られる。
10歳年下の妻・まつに支えられ、土豪の子の身分から稀代の名将にまで、利家はいかにして上り詰めたのか?
約290年に渡って繁栄し、前田家14代の居城となった金沢城を始め、利家ゆかりの品々が残る尾山神社や、前田家の菩提寺の桃雲寺などを、利家とまつの逸話を元に辿る。
また、前田家が造り上げた日本三名園の兼六園や、江戸時代の面影が残る長町武家屋敷、今でも芸者が歩く花街・ひがし茶屋街など、加賀百万石が生み出した風光明媚な城下町の魅力に迫る。


ナビゲーター:尾上松也

 

投稿者:いいね!遠江守直虎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。