歴史イベント・メディア情報

にっぽん!歴史鑑定

2018年04月30日22時00分

 

[放送日時]
4/30(月)22:00~22:54

[テーマ]
日本地図を作った男・伊能忠敬

[概要]
地球一周分の距離4万キロを歩いて測量し、日本初の実測による日本全土の地図を作った伊能忠敬。
諸外国の人々も驚くほど正確だったその地図は、如何にして作られたのか?

[番組詳細]
伊能忠敬が中心となって作った日本初の近代地図『大日本沿海輿地全図(伊能図)』。
なぜ『大日本沿海輿地全図』は作られたのか?
実は、当時の日本をとりまく状況が大きく関係しており、幕府の思惑と一致したからだった。
元々は商人で、隠居後50歳を過ぎてから測量技術を学んだ伊能忠敬。
その後17年にわたり、日本地図制作のために全国各地で測量したという。
そして出来上がった地図は、驚くべきほどの精度を誇っていた。
それを可能にした伊能測量隊の測量法とは?


ナビゲーター:田辺誠一

 

投稿者:

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。