歴史イベント・メディア情報

片岡愛之助の解明!歴史捜査

2018年02月01日21時00分

 

[放送日時]
2/1(木)21:00~22:00

[テーマ]
幕末の争乱シリーズ 352人斬首!『天狗党の乱』

[概要]
352人斬首という江戸時代最大の処刑者を出した『天狗党の乱』。
二人のキーマン・徳川御三家の水戸藩士が何故反乱を?
慶喜の裏切り・・・幕末情勢に翻弄された彼らの信念とは?

[番組詳細]
長く泰平の世が続いた江戸時代。
実はその平和を破る反乱はいくつか起きていた。
中でも幕末の激動の頃、江戸時代最大の処刑者を出した反乱があった。
水戸藩士の一部が尊王攘夷を掲げ挙兵し、352人が斬首された『天狗党の乱』である。
なぜ彼らは御三家の水戸藩士でありながら、幕府を敵に回し戦わなければならなかったのか?

天狗党が誕生した背景には、水戸藩が輩出した二人の名君が深く関わっていた。
天下の副将軍・徳川光圀と、幕末の烈公・徳川斉昭。
大反乱と二人を繋ぐ糸とは?
捜査員が水戸の地で天狗党ゆかりの地を巡る。

自らの思いを訴える為、京を目指し西上する中、天狗党は少数ながらも幕府軍を二度も跳ね返す。
激しい戦いが繰り広げられた合戦の地で、その知略を現場検証。

斬首された352人は理想に燃えながら、なぜ無残に死ななくてはならなかったのか?
そこには、水戸藩出身で徳川幕府最後の将軍・德川慶喜が下した、あまりに冷徹な決断があった。
自らの理想を掲げ挙兵し、志半ばで散っていた天狗党。
御三家水戸藩のジレンマが生んだ『天狗党の乱』の真相に迫る!


捜査チーフ:片岡愛之助
捜査員:豊田順子(日テレアナウンサー)

 

投稿者:いいね!秋田城介直虎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore