歴史イベント・メディア情報

よみがえる承久の乱ー後鳥羽上皇VS鎌倉北条氏

2021年04月06日~2021年05月23日

 

よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇 vs 鎌倉北条氏―

【開催趣旨】

12世紀における院政の展開、1180年代の内乱、そして東国での鎌倉幕府の樹立を経て、13世紀初頭には、後鳥羽上皇が列島を統べる体制が成立します。後鳥羽上皇は、勅撰集『新古今和歌集』に結実する和歌をはじめとして、多芸多能の帝王でした。
 しかし承久3年(1221)、前代未聞の事件「承久の乱」が起こり、後鳥羽上皇が北条氏率いる鎌倉御家人に合戦で敗れ、隠岐に流されたのです。この承久の乱を機に、鎌倉幕府の優位のもとで公家と武家が並存する時代となりましたが、やがてその体制にも終止符が打たれ、南北朝の内乱が展開することとなります。
本展覧会では、近年進展著しい当該期の最新の研究成果を踏まえて、皇族・貴族・武士・僧侶など、この時代の人々の息吹を伝える古文書・肖像画・刀剣・仏画や、この時代を描いた絵画類から、日本史上の重要事件の歴史的意義に迫ります。2021年は承久の乱から800年。今によみがえる乱の様相をご覧ください。

【基本情報】

会  期:
2021年 4月6日(火)ー 5月23日(日)
<前期> 4月 6日(火)ー 4月25日(日)
<後期> 4月27日(火)ー 5月23日(日)

休 館 日:月曜日(5月3日は開館)

会  場:4階・3階展示室

開室時間:10:00~18:00 金曜日は10:00~19:30(入場は閉室の30分前まで)

入 場 料:1,500(1,300)円、大高生1,100(900)円、中小生500(300)円

※障がい者手帳等をご提示の方と付き添い1名は無料。
※前売券は2021年4月5日(月)まで販売いたします。
 (京都文化博物館では4月4日まで販売/会期中は当日券のみ)
※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください。
※新型コロナウィルス感染症の今後の状況により、予定を変更する場合もございますのでご了承ください。
主  催:
京都府、京都文化博物館、読売新聞社、NHK京都放送局

 

投稿者:☘️ぷ~太郎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore