歴史イベント・メディア情報

時代祭

2019年10月26日

 

時代祭~優美な歴史絵巻に魅せられて~
10/26(土)12:00~16:30頃
※雨天順延(当日早朝確定)

明治維新から延暦時代まで、約2000人・全長2㎞の時代風俗行列が練り歩く時代祭。清少納言や織田信長といった歴史上の人物が、華麗な衣装や装飾品を身につけ、壮大な歴史絵巻を繰り広げる。
[お問い合わせ]
時代祭について
075-761-0221(平安神宮)
有料観覧席(京都御苑・御池通・平安神宮道)について
075-213-1717(京都市観光協会)

時代祭巡行順
※各時代の名称は平安講社の表記に準じます。
▽明治維新時代
維新勤王隊列
(明治維新の際、官軍として参加した丹波の山国隊の姿。鼓笛を響かせながら京都御所を出発)
維新志士列
▽江戸時代
徳川城使上洛列
江戸時代婦人列
(孝明天皇の妹で、徳川家茂に嫁いだ和宮を先頭に、名妓・吉野太夫、出雲大社の巫女・出雲阿国らが続く)
▽安土・桃山時代
豊公参朝列
(豊臣公参朝のうち、最も盛大だったと伝わる慶長元年の秀頼初参内と、同年の元服の様子を模したもの。牛車の前後には大名らが従う)
織田公上洛列
▽室町時代
室町幕府執政列
室町洛中風俗列
(盆踊りの原型といわれる風流踊りを再現したもの。風流傘を中心に、内側の囃子方と外側の踊り手で構成される)
▽吉野時代
楠公上洛列
中世婦人列
(鮎や飴を売り歩く桂女など、当時の女性の風俗文化が見られる。華麗な衣装を纏った豊太閤の側室・淀君も登場)
▽鎌倉時代
城南流鏑馬列
(後鳥羽天皇が朝威回復をはかるために、城南離宮での流鏑馬に託して近畿十余国の武士を召集した様を模している)
▽藤原時代
藤原公卿参朝列
平安時代婦人列
(木曽義仲の寵愛を受けた巴御前を先頭に、清少納言や紫式部らが登場。約400年も続いた平安時代を彩る女性風俗の変遷を表現)
▽延暦時代
延暦武官行進列
延暦文官行進列
▽神幸列
神饌講社列 白川女献花列
前列 弓箭組列
社幸列
(先に進む御鳳輦が孝明天皇、後に続く御鳳輦が桓武天皇で、時代祭の各行列は神幸のお供をする行列になっている)

※当日は各所で交通規制されます。
会場へは、電車・バスなどの公共交通機関でご来場ください。

 

投稿者:オバケの山城守ぷ~太郎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。