歴史イベント・メディア情報

関西城郭サミット2018

2018年12月02日11時00分

 

関西城郭サミット2018「中世山城の史跡指定を考える-その保存と活用-」
【開催日】2018年12月1日~12月2日
烏帽子形城は2013年1月、大阪府内で城跡としては約70年ぶりに国の史跡に指定されました。その後、史跡整備計画が策定され、昨年度史跡整備工場も完了しました。この機会に、現在国史跡指定を進めている山城と指定後の山城の現状を知り、今後の山城の保存と活用について、考えていきたいと思います。

1、山城探訪「烏帽子形城跡と小谷城 堺砲台」

【とき】12月1日(土曜日)午前9時~午後4時 ※昼食は各自でご用意ください
【集合】午前9時 三日市町駅
【内容】
午前9時15分 三日市町駅出発
午前9時15分~午前10時 烏帽子形城跡
午前11時30分~午後1時30分 堺砲台 (昼食を挟む)
午後2時15分~午後3時15分 小谷城郷土資料館
午後4時 三日市町駅解散
【参加費】 2,500円
【定員】 25名
【備考】 史跡の状態により変更の可能性が有ります

2、講演会
【場所】ノバルティ南館3階ノバルティホール
【とき】12月2日(日曜日)午前11時~午後5時
【内容】
午前11時 受付開始
午前11時~午後12時
講演1「山城の史跡指定を考える」
講師 加藤理文(日本城郭協会理事)

午後12時40分~午後1時10分 講演会

午後1時15分~午後1時45分
講演2「阿波-宮城の保存と活用」
講師 石井伸夫(徳島県立鳥居龍蔵記念博物館)

午後1時50分~午後2時20分
講演3「飯盛山城の史跡指定化への歩み」
講演 小林義孝(摂河泉地域文化研究所理事)

午後2時25分~午後2時55分
講演4 「烏帽子形城の史跡整備と活用」
講師 尾谷雅彦 (文化遺産保存ネットワーク河内長野)

午後3時40分~午後4時40分
講演会 「山城の史跡指定を考える」
司会・コーディネート 馬部隆弘(大阪大谷大学講師)

【参加費】1,000円
【定員】150名※当日先着順
【申込】不要。直接会場へ






 

投稿者:オバケの左衛門尉ぷ~太郎

 

 

※投稿された内容の正確性、信頼性等については一切の責任を負いません。特にイベント等へ行かれる場合には、必ず公式の情報をご自身でご確認下さい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。