鳥屋山砦

鳥屋山砦([長窪城  周辺城郭])

長窪城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「鳥屋山砦」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

鳥屋山砦の口コミ情報

2021年01月19日 内記かずりヾ(・ε・。)


鳥屋山砦は長窪城の北西約4.2km、南方へ延びる標高729mの山塊支尾根端部上に主郭が存します。南麓からの比高は100m位でしょか。

行き方はGoogleマップに位置登録されている南西麓の弥六堂を目標に設定して下さい。このお堂の裏手に簡素な鳥居が立っていますのでこれが登城路入口となります。主郭には今も小社が建っており、鳥居はたぶんこの小社のものでしょう。が、自分がこれに気付いたのは今さっきでして、自分はお城の南麓から直登しました。たぶんどっちも似たようなもんでしょう。

砦は同じ長窪城のリア攻めマップにある鳥屋城の支城で、鳥屋城の大手筋を西側からカバーし、砦北側山中にある鳥屋峠道への侵入を監視する目的もあったかもしれません。

築城年代は天文年間とされ、築城者は鳥屋甚八郎という方だそうです。この砦は戦歴があり、天文十一年(西暦1542年)十月に武田晴信に攻められ落城、晴信が信濃入りしてから12番目の落城だったと小県郡史は伝えています。

砦はほぼ単郭で主郭北側山側背後は三連続堀切で断ち切っていますが、最北の堀切は頑張れば何となくって感じ…主郭には巨石が多数見られ、現在は若干崩れてますが小社が建っています。特筆すべきはこの規模の砦としては石積みが結構残っていること。当然小社造営の際のものかと思いますが、周囲には崩落石が多数散見され、元々あった石積みに積み直しのものをプラスしたのが現況なんじゃないかなと勝手に想像してみました。

この砦の北側山側背後を進み、尾根稜線上に出て東方へ進むと本城である鳥屋城の大手筋に山側から入ることが出来ます。ただ砦に着いて1ピーク、尾根稜線上に出て2ピーク、下った後に登って3ピーク目が鳥屋城ですので、後で車を取りに行かなくちゃならないし、ここは素直に砦から下山して別ルートから鳥屋城を訪ねるのが正解でしょう。鳥屋城は女房を質に入れてでも行くべき素晴らしいお城です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore