中和田城

中和田城([畠山重保館  周辺城郭])

畠山重保館 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「中和田城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

中和田城の口コミ情報

2021年04月23日 龍馬太閤【備中の麒麟】


神奈川県の横浜市にある中和田城☆いずみ中央公園が城郭の跡地になります☆別名を泉小次郎親衡館とも呼びます☆
この城郭は信濃国・小泉庄の豪族であった泉親衡の居館と伝わっています☆
城址の西側下には泉親衡の道場であった長福寺がその脇に彼が信奉したと言われている須賀神社があります☆
鎌倉時代に源頼朝に従い幕府の御家人として勢力を奮いました☆
詳しい歴史は余り残ってませんがその時にこの地に居館を取り立てたのでしょう☆

大きな歴史としては泉親衡の乱☆

源頼家の遺児・千寿丸を鎌倉殿に擁立して執権北条義時を打倒しようと図りました☆

北条氏による源頼家の幽閉・暗殺、実朝の擁立等の流れに泉親衡は不満を抱きました☆
密かに源頼家の遺児である千寿丸を取り立てて北条氏追討を計画しました☆
がしかし…その計画が発覚☆
泉親衡は北条氏の追討を受けてしまう事になってしまいます☆

泉親衡は、この館に攻め寄せてきた北条軍と合戦になりその混乱の内に信濃に逃亡しました☆その後は、信濃・飯山城を居城としました☆この時に廃館となったと思われていますが個人的にはその後も機能したんでは無いか?と思ってます☆

台地先端部を利用した城郭ですが主要部の南側には台地上を切り込んだ二重堀切を確認する事が出来ます☆土塁、土橋等も残っていて城としてなのか?館としてなのか?何らかの形で使用された様にしか見えません☆ソレは鎌倉時代の城郭と言う簡素な物では無い技術的な物が少しずつ取り込まれた様な城郭と言った印象です☆
後から調べてみて分かったのですが主要部の西側にある馬洗の池から出土した板碑には建武4年(1337年)の銘や延文6年(1361年)銘のものが出てきている様です☆泉親衡の乱の時代とは100年以上離れた南北朝時代の城郭?はたまた、北条氏の城郭として後に戦国時代も生きてきたのか?
麓にある長福寺には北条鱗の紋が現代に生きてます♪北条家に関係していた事は明らかですね☆
今後また何か出てきたら楽しみです♪


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore