新地山館

新地山館([白川城  周辺城郭])

白川城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「新地山館」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

新地山館の口コミ情報

2021年12月02日 待花心是待春心


新地山館は、白川結城氏によって築かれた城で、天正年間に佐竹氏に攻められますが小峰城を守る防衛拠点として見事に役目を果たし撃退したようですが、結局、小峰城は別ルートからも攻めて来た佐竹氏により落城してしまいます。数にものを言わせて力技で押してくる感じ、佐竹だよなあと納得してしまいます。

お城は山全体を加工していて、佐竹にびびって作った、改修した城、必死さやピリピリ感が伝わります。写真にはならないから出してないんですが、北東側の虎口からの虎口と連続する辺りなど、技巧にもキュンなんですが、経年なのか後世の改変なのか、なんとなくえぐみが不明瞭なところも…

1番の見どころは、北東側の大規模な横堀です。そこにたどり着くまでの遺構の雰囲気からは想像できないサイズでした。郭上から見下ろしたときの衝撃がすごいです。どんだけ、佐竹が嫌だったのか、佐竹とぶつかるということはどういうことなのかが、よくわかりました🤣

口コミとは別に写真を出しています。参考にしていただければと思います。

新地山館の行き方です。
Googleマップには新地山館で登録がありますが、入口は麓にある羽黒神社になります。参道がついているのでサクサクと主郭まで行けます。駐車場がなくて、近くにあるセブンイレブン白河借宿店さんにおことわりして、駐めさせてもらいました。
①羽黒神社入口
②狛犬がすごい。こちらは小松寅吉さん作です。
③参道がしっかりついてるから遺構を楽しみながら迷わずに行けちゃいます。
④羽黒神社。郭の名残?段差がついてます。

小松寅吉さんの作品に需要があるみたいなので写真を追加しました。お城もぜひ見てくださいね🤣
⑤狛犬がウケたみたいなので追加。
⑥この城のある山は人忘れずの山として歌枕にもなっています、の看板。松平定信の歌「世々へても 心の奥に通ほらし 人忘れずの山の奥の嵐は」が有名です。
⑦その歌碑を囲う小松寅吉さんによる石扉。細工の繊細さを現地で近寄って見てください。めちゃくちゃ精緻な技術に感動しました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore